• トップ
  • 上田祥子
  • ココナッツオイルの優れた保湿力 ココナツオイルのクレンジング

ココナッツオイルの優れた保湿力 ココナツオイルのクレンジング

 ココナッツオイルの優れた保湿力 

ココナッツオイルの優れた保湿力 ココナツオイルのクレンジング
ココナッツオイルの優れた保湿力 ココナツオイルのクレンジング
ココナッツオイルの優れた保湿力 ココナツオイルのクレンジング
ココナッツオイルの優れた保湿力 ココナツオイルのクレンジング
5,060 通常価格¥
(0point)

汚れを落とすだけじゃない
毛穴スッキリ、お肌にうるおいも
「つっぱらない」「使うほどうるおうクレンジング」

【商品特徴】
ココナッツオイル主体のクレンジングクリームで、落ちにくいメイクや毛穴汚れもしっかりオフしながら、肌に潤いを与えます。
一般的なクレンジングには、肌に蓄積されるとシミやくすみなどの肌トラブルになる原因となる鉱物油、肌を守っている油分まで
溶かしてしまうほど皮膚のバリア機能を弱め、肌のつっぱり感やシワの原因となる合成界面活性剤が入っています。
そんな中、ナチュランココのクレンジングクリームは、酸化しにくい植物油であるココナッツオイル、天然の界面活性剤として
ラウリン酸を使用。食用成分100%でできているので、お肌に心配な成分が入っていません。
使い続けるうち肌に潤い、ハリとツヤが蘇ってきます。

【商品詳細】
内容量 :100g
肌タイプ :ドライ,ノーマル,オイリードライ
使用方法 :乾いた手に適量(マスカット1粒大)をとり、メイクとなじませた後、ホットタオルで優しく拭き取るか、水またはぬるま湯で洗い流してください。
使用期間目安 :夜使用で1ヶ月
成 分 : 水,ヤシ油,グリセリン,ステアリン酸,BG,カプリル酸グリセリル,アルギニン,コカミドDEA 

正しいオーガニック/ワイルドクラフト
クレンジングクリームの見分け方

仝粁舛虜惑殃法がきちんと開示されているか
どんな原料を使っているのか。
また、その原料はどのように栽培され、どのようにして抽出されているのか。
まず大事なのが、どんな原料を使っているかを知ること。

ワイルドクラフトコスメの認証機関は日本にも海外にもありません。
そのため、その原料がどのようにして育ったものなのかを知ることが大切です。
栽培時に、農薬・化学肥料・有機肥料を使用していれば、残留について気になるところです。
きちんと原料の栽培方法を知ることが大切です。

ナチュランココのクレンジングクリームに使用しているココナッツオイルは、
・人工的に栽培されていない
・農薬不使用
・品種改良をしていない
一切、人の手が加わっていないココナッツを主原料としています。

原料の抽出方法がきちんと開示されているか
どんな方法で原料を抽出しているか。
コストや時間短縮のため、植物エキスを抽出する際に溶剤を使用(薬剤抽出法)していたり、高温をかけて抽出(高温圧搾法)していることがあります。
抽出時に溶剤を使用していれば、残留について気になりますし、高温をかけることで酸化してしまい本来の効果を発揮できない成分もあります。
更に、薬剤抽出法については、薬剤を使用して抽出していていも、化粧品を製造するよりも前に使用した成分については表示の義務がありません。(「キャリーオーバー」と言います。)
きちんと原料の抽出方法を知ることが大切です。

ナチュランココのクレンジングクリームに使用しているココナッツオイルは、
・溶剤を使用しない
・熱をかけない
手間暇かけて、じっくり時間をかけて抽出したココナッツオイルを使用しています。

G杞臉分や製造方法がきちんと開示されているか
どんな配合成分、どのようにして作られているか。
成分を見ても化粧品に詳しくない人はどんな成分なのかは分かりません。
パラベン、アルコール、合成着色料、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤などは肌トラブルの原因となることがありますので、できれば避けたい成分です。
そのため、そのクレンジングがどのような成分からできているかを知ることが大切です。

どのようにして作られているかをあまり気にしない方もいるかもしれませんが、例えば海外で製造された化粧品。
日本人の肌に向けて作られているわけではありません。
そもそも、日本人と外国人では肌の構造が違います。(日本人は表皮が薄いなど。)
たとえ、海外で人気のある化粧品であっても、日本人の肌には合わなかった、なんてことがあるかもしれません。
きちんと配合成分や製造方法を知ることが大切です。

ナチュランココのクレンジングクリームは、
・配合成分の開示
・日本の製薬会社で製造
・日本人の肌に合った処方
ココナッツオイルが持つ本来の有効性を活かすために、それぞれのアイテムに適した製法で日本の製薬会社で製造しています。

全成分 由来
ヤシ油 ヤシ油
グリセリン ヤシ油/パーム油
ステアリン酸 ヤシ油/パーム油
BG サトウキビ
カプリル酸グリセリル ヤシ油/パーム油
アルギニン アミノ酸
コカミドDEA ヤシ油

主成分のココナッツオイル以外にもすべて食用素材(※)で作られています。
(※)本品は化粧品ですので食べられません。口に入れても安全という意味ではありません。
パラべン、アルコール、合成着色料、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤は、いずれも不使用です。

い匹鵑文果が期待できるか
クレンジングを買う際、メイク落ちが良いものを選ぶのはもちろんのこと、メイク落としに+αで「保湿」「毛穴のケア」などの効果、
「W洗顔不要」といった簡単さがあると、なお良いですよね。

ナチュランココのクレンジングクリームは、
・高い抗菌性と抗炎症で肌トラブルを防止するラウリン酸
・高い保湿力、強い抗酸化作用で毛穴の黒ずみを解消、美容効果抜群の「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンE
・老廃物を排出してむくみを解消するカリウム
・血行促進を促すマグネシウム

そんなココナッツオイルを30%配合。
低刺激でメイク汚れを落とせるように作られています。

ゼ分好みのテクスチャーかどうか
テクスチャーにも好き嫌いはあります。
「クリーム」「ミルク」「ジェル」「リキッド」「オイル」「シート」など種類は様々。
シートは、擦り過ぎによる肌へのダメージ。
オイルやリキッドは、合成界面活性剤が必須。洗浄力が強すぎて乾燥する。
ジェルは、洗浄力が優しい分、落とすのに時間がかかる。
ミルクは、メイクとの馴染みが悪く、濃いメイクが落ちない。
クリームは、濃いメイクは落ちにくく、まつ毛エクステには不向き。
どのクレンジングにもデメリットはあります。


ナチュランココのクレンジングクリームは、
・ホイップクリームのようなテクスチャー
・油性の汚れも水性の汚れもしっかりオフ
・W洗顔不要

ココナッツオイルそのものでクレンジングすれば良いと思われるかもしれませんが、同じ油汚れは落とせても、
しつこい鉱物油や水溶性の汚れは落とすことはできません。
ナチュランココのクレンジングクリームは油性・水性どちらの成分もしっかり落とすよう作られています。
使用する際は適量(マスカット一粒大)を手に取り、両手のひらを擦り合わせ、温め使用して下さい。
洗い流さずに、蒸しタオルを顔にあて、毛穴を開かせた後、優しく拭き取ることで、よりお肌がしっとりします。
この方法でよりお肌がしっとりします。(洗い流してもお使いいただけます。)

天然の美肌成分がいっぱいのココナッツオイルで本当に肌に良いものを作りたくて・・・
とことんこだわり抜いたnaturancoco

汚れを落とすだけじゃない。潤いを与える「使うほど潤う」
まさに、究極の理想のクレンジングクリームです。